ホーム > 注目 > いびきを減らすために

いびきを減らすために

いびきを減らすために何かできることは

ないのかなということで探していたらこんな

サイトが出てきました。

えぞ式すーすー茶の口コミ評判は?いびきが本当になくなるのか?

こういうお茶でいびきに影響するなんてことが

あるんですね。

ちょっと興味が出てきてしまいます。

 

 

以下、寝不足で膨大な経済損失ということ

に関する反応について集めてみました。

 

私は頭が悪いから、勉強法などの本を読むけど、

たいがい、睡眠時間の重要性が書かれてある。

 

仕事減らせ。残業なくせ。 以上

 

記事の件はもっともな事だと思うけれど、背景には解雇規制で今いる人で頑張らなければいけなかったり、年功序列や学歴(成績)重視で実績以上に重視されるものがあったり、保護しすぎでダラダラ働く人が社内に居続けているような状態もあるのだと思う。

なので単純に規制するだけでは解決しないし、下手をするとダラダラと短時間働くような輩が大量発生してみんなの賃金が下落しそう・・・

 

結局長時間労働しないと暮らして行けないトチ狂った国作りしてたから、国として最も基本の人口コントロールすら出来なくなったアホな日本。

 

平日なら8時間は寝たい

5時間だと寝不足だわ

 

仕事の内容にもよると思うが無駄な会議とか雑用とか金にもならない労力を使っている仕事を減らすだけでも変わるよ

 

これね、同じように喫煙の経済損失を計算するとものすごい額になるらしい。

・仕事中の喫煙時間(喫煙所までの行き来、喫煙所でのスマホ含む)

・仕事中不定期に行方不明になることによるチーム内連携遅延と漏れ

・ニコチン中毒症状による集中力低下

・喫煙後の臭いによる周囲の集中力低下

・免疫力低下による風邪、体調不良休増加

これだけでも非喫煙者に対して報酬を一律3割カットすべきってくらいになるそうです

 

それ以外にも医療費増加による健康保険コスト押し上げ、火災リスク押し上げ、ポイ捨てによる美観毀損も損失などふくめると、たばこ税で得られる収入分の10倍以上になります

 

この記事は何を伝えたいんだ?

残業減らせば自殺が減るというアンダーコントロールか?

 

高度成長期の日本を否定しても仕方ない

長時間の研究によって医療や電子の分野が進歩したのも事実

 

時間じゃないんだよ

仕事を強要している現場で自殺は発生している

 

働けど働けど仕事は減らない・・

休みの日は疲労のためほとんど睡眠に費やしている。しかし、結婚、出産、育児、介護のことなど将来のことを考えると、いつまでもこんな生活を続けちゃいけないとある種の強迫観念に襲われ、更に精神的な負のスパイラルに陥ってしまう・・(>_<;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

  1. 生歌フラッシュモブ結婚式をやってみたいと思う

    生歌フラッシュモブ結婚式と言うのも なかなか面白いアイデアだなと思いました。 &...

  2. 子供の背が低くて心配

    子供の背が低くて心配している。 そんな方にはこの記事を読むことを おすすめします...

  3. いびきを減らすために

    いびきを減らすために何かできることは ないのかなということで探していたらこんな ...

  4. 葬儀費用を記事にしているという問題

    三笠宮さま薨去についての 葬儀費用が2億8900万円だと いうことが報道されてい...

  5. 自律神経とメニエール病の関係

    自律神経とメニエール病の関係と言うのは とても気になるなと思いました。 &nbs...